無料体験
AVCLabs Video Enhancer AI V4.0.0 アップデート:一新したUI画面とAIモデル! 詳細

AVCLabs Video Enhancer AIのマニュアル

AVCLabs Video Enhancer AIは強力なAIソフトで、よく使われる多くの動画形式に対応します。動画ファイルを処理する前にご確認ください。

対応の動画形式:
3G2、3GP、AVI、DIVX、FLV、F4V、M2TS、MTS、MOV、MP4、M4V、MPEG、MPG、DAT、MKV、OGM、RMVB、RM、TS、TP、VOB、WMV、WTV、ASF、DV、WEBM、etc.

OSとハードウェア要件をチェック:
AVCLabs Video Enhancer AIはAIサービスを提供しています。最高な利用体験のため、AIサービスを実行できるWindows用の独立型GPU / Mac用のMシリーズチップが搭載されているパソコンをご利用ください。AIサービスを実行できるGPU / M1チップがない場合、AVCLabs Video Enhancer AI は動作しますが、大量な時間がかかります。

始める前に、システムとハードウェア要件を確認することを強く推奨します。パソコンの仕様(スペック)を確認した上、AVCLabs Video Enhancer AIをダウンロードして利用を始めましょう。


AI機能リスト

AI高画質化、顔修正、カラー化、動き補償のAI機能リストが用意されています。動画に適用したい機能をオンにして、細かく調整できます。

最高な利用体験のため、必要がない場合、複数のAI機能同時に利用しないでください。同時に処理すると作業が重くなり、時間がかかります。

  • AI高画質化:動画を高画質化にします。
  • 顔修正:動画に入った人の顔をより綺麗に修正します。
  • カラー化:白黒動画を自動的にカラー化します。強度が調整できます。
  • 動き補償:動画を2倍~16倍にスローモーション化します。
AI 機能リスト

AI高画質化

AI高画質化をオンにして、6個のAI高画質化モデルがあります。

スタンダート(マルチフレーム)、高品質(マルチフレーム)はWindows版のみあります。

AIモデル
  • スタンダート: 動画画質向上の速度がはやい推奨モデル。長い動画には特におすすめ。ハイスペックのPCではなくても利用できます。
  • 高品質: ウルトラの品質で動画を処理します。処理の速度にあまり厳しくない場合は使ってください。
    ※AI専用のグラフィックスカード(少なくとも4GBのGPUメモリが搭載)が必要です。
  • アニメ: アニメ専用の画質向上AIモデル。
  • スタンダート(マルチフレーム): 複数のフレーム(13フレームぐらい)で動画の画質を上げます。
    ※AI専用のグラフィックスカード(NVIDIA RTX 2060および以降、少なくとも6GBのGPUメモリが搭載)が必要です。
  • 高品質(マルチフレーム): 複数のフレーム(13フレームぐらい)&ウルトラの品質で動画の画質を上げます。
    ※AI専用のグラフィックスカード(NVIDIA RTX 3060および以降、少なくとも8GBのGPUメモリが搭載)が必要です。
  • ノイズ除去: 夜景のようなノイズが大量発生の動画に使われます。ノイズをキレイに除去します。

「スタンダート」、「高品質」は同時にノイズ除去を行います。

顔修正

動画に入った人の顔をより綺麗に修正します。オンにすると、顔(特にメイク)が鮮明化されます。
※少なくとも4GBのGPUメモリが必要です。

画質向上の強さ: 顔修正の強さを調整します。大きく設定するとより鮮明化にします。

顔修正

AIカラー化

カラー化をオンにして、鮮明 / 柔らかい色調で白黒動画に色を付けます。

AI動画カラー化

  • 鮮明: 鮮やかな色調で白黒動画をカラー化します。
  • AI動画カラー化
  • 柔らかい: 柔らかな色調で白黒動画をカラー化します。
  • AI動画カラー化

スローモーション化

動き補償をオンにして、動画を2倍~16倍にスローモーション化できます。

AIスローモーション化

フレーム補間

低いFPS(フレームレート)を高く設定し、動画の動きをより滑らかに、スムーズに表現します。この深層学習ベースのフレーム補間は、動画の動きを正確に予測し理解し、欠落したデータを自然に再構築します。アニメーション、アクション映画、動きの速いスポーツビデオに最適です。

ハイスペックのPCでフレーム補間をすることを推奨します。特に高解像度の動画には時間がかかります。

インターレース解除

動画の横縞ノイズをインターレース解除処理します。ディフォルトとしてオンとなっている機能。動画を処理すると自動的に適用されます。


基本な動画編集

動画をトリムして長さを編集する

トリム

動画の再生画面の下には、実用的な動画編集ツールが用意されています。「トリム」を押して動画を短く切り抜きできます。

クロップ

動画の下にある「クロップ」ボタンを押して動画の画面を切り取りします。

色の調整

ビデオ設定で、動画の明るさ、彩度、コントラスト、鮮鋭化の強さを調整できます。


設定

一般設定

AVCLabs Video Enhancer AI の右上の三のようなメニューボタンをクリックして、「設定」を押し、下記の設定窓に入れます。

設定
  • AI プロセッサ:
    CPU か GPU を利用して動画を加工処理します。
  • 最大メモリ消費量:
    仮想メモリの利用率を調整できます。デフォルトは「高」にしています。
  • 出力形式:
    動画の出力形式を設定します。
  • 出力エンコーダー:
    動画の出力エンコーダーを設定します。
  • 出力フォルダ:
    動画の出力先を設定します。
  • 顔認識の精度:
    顔修正に使われる設定。精度を低くすれば、検出する顔の数が多い。

上級設定では、動画を処理しながら自動保存する機能、および NVIDIA GPU の TensorRT 高速化をオンにすることができます。

上級設定
  • 自動保存:
    15分 / 30分 / 60分 / 120分ごとに処理中の動画を自動的に保存する。処理途中、ソフトが閉じられても、次回は保存したところから引き続き変換できます。
  • NVIDIA TensorRT アクセラレーション:
    適用可能の NVIDIA GPU の TensorRT 高速化で動画の処理をさらに加速します。
  • ハードウェアアクセラレーションによるエンコード:
    有効にすることを推奨します。メモリ使用量とCPU使用率を下げて、レンダリングを加速します。
  • ソフト(CPU)で8K動画をエンコーディング:
    安定性のため、デフォルトでオフになっている設定。8K動画を処理できるGPUがない時に利用できます。

プリセット

メイン画面の右上がプリセット(よく使われる一括設定)となります。「+」を押し、独自の設定を新しいプリセットとして追加できます。プリセットをしても、各機能を引き続き微調整できます。

プリセット

プリセットしたくない場合、プリセットを「なし」に設定して、他の設定を自由に調整してください。

出力解像度とFPS(フレームレート)

「動画」で、出力解像度とFPS(フレームレート)を調整できます。

出力解像度

解像度で、出力画質をSD、HD、2K、4K、8Kに調整できます。解像度を200%、400%に拡大できます。カスタム設定もできます。

8Kの出力解像度は、エンコーダーをH265 / AV1に設定する必要があります。

FPS(フレームレート)を24~120 FPSに変更できます。FPSを高く設定することで、フレーム補間を実現できます。

フレーム補間

フレーム補間はすべての動画に適しているわけではありません。必要ない場合はFPSを調整しないでください。

画面の設定

ビデオ設定で、動画の明るさ、彩度、コントラスト、鮮鋭化の強さを調整できます。動画の上下左右の黒い部分をトリミングすることもできます。

画面の設定
  • すべての動画に適用:
    すべての動画に適用されます。
  • インターレース解除:
    動画の横縞ノイズをインターレース解除処理します。ディフォルトとしてオンとなっていて、動画を処理すると自動的に適用されます。
  • トリミングしてフレームを埋める:
    追加された動画のフレームを埋めために、自動的にトリミングして出力します。

出力形式&音声

ここでは、動画の出力形式、エンコーダー、ビットレート、音声設定、および出力パスを変更できます。

出力設定
  • 動画形式: mp4、mkv、avi、mov、webm
  • エンコーダー: H.265、H.264、H.265(10bit)、VP9(良い)、VP9(最高)、AVI
  • ※8Kの出力解像度は、H265 / AV1 のみ対応します。
    AV1には、『NVIDIA RTX 40シリーズ』、『AMD Ryzen™ 7000 シリーズ』のGPU、または最新の第 14 世代Intel CoreプロセッサーとIntel独立グラフィックスカードが必要です。

  • ビットレート: オリジナルのビットレートを保持するか、1~16Mbpsに設定します。
  • ※ビットレートを高く設定して、さらに高画質化します。効果に満足しない場合、ビットレートを高く設定してください。(ビットレートが高ければ高いほど変換には時間が掛かります。)

  • 音声設定: オーディオトラックに関する設定。一般的には、「自動選択」にしてデフォルトのオーディオトラックを保持します。
    • 自動選択: オーディオトラックが自動選択されます。
    • オリジナル: オリジナルのオーディオトラックを完全に保持します。
    • 削除する: 動画からオーディオトラックを削除します。
    • 元の動画のまま: スローモーション用。オーディオトラックを動画と同じ倍速に伸縮させます。
  • 予測出力ファイルサイズは確認できます。

AVCLabs Video Enhancer AIの使い方

AVCLabs Video Enhancer AIを無料ダウンロードして実行します。初回のインストール、必要なAIコンポーネント(CUDA)は共にダウンロードされます。

1) AVCLabs Video Enhancer AIを登録する

正式版を購入した場合、右上にある小人のようなアイコンをクリックするか、「三」のようなメニューボタン > 「製品登録」をクリックして登録画面を開きます。

ポップアップした登録画面に登録情報を入力します。登録用のメールアドレスと購入されたライセンスキーをコピー&ペーストすれば完了です。

登録ウィンドウ

登録内容には大文字と小文字が区別されます。最初または最後に空白文字を入力しないでください。Windows版とMac版のライセンスキーとは互換しません。ご注意ください。

2) 動画を追加する

「追加」をクリックして動画を追加するか、動画をドラッグ&ドロップして追加します。複数の動画を一括追加、編集可能です。

interface

動画を追加して、画面の右側が設定エリアになります。利用希望の機能を自由に選択できます。主に、プリセット、動画、機能リスト、ビデオ設定、出力設定、五つの部分と分けられます。

動画を追加

3) プリセットを設定する

右上がプリセット(よく使われる一括設定)となります。お気に入りのプリセットを選択して、処理を開始すればいいです。

プリセットの右上の「+」をクリックして、現在の設定を独自のプリセットとして新しく追加できます。

プリセット

4) AIモデルを指定する

プリセットだけでは足りない場合、ご希望の出力解像度とAI高画質化モデルを指定してください。他の設定もご自由に。

出力解像度

「動画」で出力解像度とFPSを設定します。動画の解像度を 100% ~ 400% に拡大するか、SD、HD、FHD、2K、4K、8Kなどに設定できます。出力解像度はカスタマ設定できます。

8K出力解像度のハードウェア要件

AIモデル

AI高画質化をオンにして、スタンダート、アニメ、高品質、スタンダート(マルチフレーム)、高品質(マルチフレーム)、ノイズ除去、ご希望のモデルを選択します。AI高画質化モデルの詳細をチェック

5) 出力設定を調整する

出力設定では、動画の出力形式、エンコーダー、ビットレート、音声設定、出力パスを設定できます。

6) かんたんな編集&プレビュー

動画の下にはかんたんな編集ツールが用意されています。需要に応じて、動画をカットクロップ編集できます。

動画編集とプレビュー

右下の「プレビュー」をクリックして、現在の再生している位置から1秒の動画をプレビューできます。任意の位置から複数回プレビュー可能です。

7) 動画を出力する

設定が終わったら、右下のボタンをクリックして動画を処理し始めます。

  • 「処理を開始する」を押し、AIが現在の一個の動画を自動に高画質化します。
  • 「処理を開始する」右の上向きの矢印 > 「すべての処理を開始する」を押し、AIがすべての動画を自動に高画質化します。
完了後、「出力動画を見る」をクリックして、動画を確認できます。NVIDIA RTXシリーズGPU(TensorRT加速対応)の搭載されるパソコンなら、処理の速度がさらに速いです。

動画を出力する